英語留学したいけどお金がない…どうする?国内留学で予行練習するのがおすすめ!

シェアハウス 国内留学のすゝめ 不安と恐怖が消える 海外の生活に早くなじめる お金と時間の節約に英語学習

留学やワーホリに行きたいけど怖い…お金のことも不安。

この記事でわかること
  • 国内で留学体験をすすめるわけ
  • 国内留学すると損しない5つのこと
  • 国内留学でおすすめの外国人シェアハウス
  • まだ不安が取れないとき
  • 国内留学をして時間とお金の節約をしよう

※ 目次より、興味がある項目へ飛ぶことができます

海外留学したいけど、言葉が通じない見知らぬ土地でひとりで生活するのは不安ですし怖いですよね。

筆者は、ワーホリでカナダへ行く前に週1で約1,2年ほど英会話教室へ通っていましたが、現地の人が何を言っているか理解することができませんでした。

英語に触れる時間が明らかに足りなかったんだと今ならわかります。

1年しかないワーホリ期間の前半部分を無駄に過ごしてしまいました。

この記事を読んでくれたあなたには時間を無駄にしてほしくありません。

あなたに当てはまる?
  • 海外留学やワーホリに行きたいけど、現地での生活に不安を持っている
  • お金を貯めないといけない
  • 親やローンに頼りたくない

この記事では、海外留学をする前に外国人シェアハウスで国内留学体験をしたほうがいい理由を実体験から紹介しています。

もしあなたが、この記事を読んで実行したら留学生活を意味あるものにでき、限りある留学期間を存分に楽しめるでしょう。

英語を学びたいけどテキストどうしよう…

そんな人におすすめなのがKindle Unlimitedでの英語学習です。

Kindle Unlimitedの英語学習テキスト
✓読み放題対象の商品が充実している
✓目的に合った学習ができる
✓テキスト代を抑えることができる
1ヵ月無料で体験できるから安心!
⇩今すぐ無料アプリをダウンロード⇩
運営者情報
  • オーストラリア在住
  • マッサージセラピスト歴6年
  • タイ古式マッサージ歴6年
  • 経験から得たコミュニケーションスキルや自分磨きの情報を発信
うーなです!
スポンサーリンク

留学したいけどお金がない…シェアハウスで国内留学【体験談】

国内留学を勧める理由は、筆者が海外へ出る前に国内留学をしたら良かったと後悔したからです。

なぜ後悔したかというと、英語力がほぼ0だったのでローカルの仕事に就くことが難しい、友達をどう作っていいか分からないなど時間を無駄にしたからです。

筆者のように後悔しないためにも、今からワーホリや留学に行く人には国内留学をして慣れることをおすすめしています。なぜなら、

  1. お金の節約になるから
  2. 時間の節約になるから
  3. 友達の作り方を復習できるから

ひとつずつ紹介していきますね。

お金の節約になるから

はじめに、お金の節約に繋がります。ワーホリや留学ではお金がかかるのでなるべく出費を抑えたいですよね。

あなたは当てはまる?
  • 親に頼れない
  • ローンを組みたくない
  • 自力でワーホリ留学がしたい

筆者はワーホリに行くと決めたとき、親に頼むのもローンを組むのも嫌だったので自力でお金を貯めました。約2年ほど掛かったと思います。

当時、沖縄の実家を離れて大阪で弟と一緒に家賃と光熱費を折半で暮らしていました。当時の出費を紹介します。

当時の出費
  • 家賃 - 45,000円(折半後の値段)
  • 光熱費 - 5,000~10,000円(折半後の値段)
  • 英会話教室 - 6,000円
  • スマホ代 - 7,000円
  • その他(定期など) - 20,000円

約8万円から9万円の出費が月にかかっていました。

掛け持ちで休みなく働いていたので、当時は手取り30万くらいあったと思います。高卒ハタチそこそこで頑張りましたね。

もう2度と働きづめの生活はしたくありません!(笑)

外国人シェアハウスに国内留学をした場合、月々に掛かるおおよその費用を計算して当時の筆者の出費と比較してみます。

国内留学なら
筆者の当時の出費
  • 家賃 - 35,000円~
  • 光熱費
  • 英会話教室
  • スマホ代 - 1,000円~
  • その他 - 20,000円
  • 合計 - 5万~6万円
  • 家賃 - 45,000円(折半後の値段)
  • 光熱費 - 5,000~10,000円(折半後の値段)
  • 英会話教室 - 6,000円
  • スマホ代 - 7,000円
  • その他 - 20,000円
  • 合計 - 8万~9万円

国内留学なら、家賃の中に光熱費も全部含まれているので光熱費がかかりません

家には、無料で利用できるWi-Fiが用意されているのでスマホは格安プランで十分でしょう。

また、一緒に生活しているが海外の方とコミュニケーションをとることができるので、英会話教室に通う必要もなくなります。

しかし、ビジネス英語を習得したい人に関しては英会話教室でプロから習いましょう。

月々約3万円から4万円の節約になるので、これを1年続けると「36万円から48万円」の出費が抑えられます。

国内留学でお金を節約しながら貯めたいひとは、ぜひ国内留学を検討してみてくださいね。

時間の節約になるから

前述しましたが、お金を貯めるまでに筆者は働きづめで2年かかりました。

国内留学を1年するだけで、ワーホリに必要な費用はすぐ貯まったはずでしょう。

1年の時間の節約になると思ったら凄いですよね。

また、海外に出る前には英会話教室などに通って英語に慣れ親しんでおこうとする人が多いのではないでしょうか。

かく言う筆者のも、ワーホリ前に英会話教室に真面目に1,2年ほど通っていました。

わたしの場合、週1で通って予習復習もちゃんとしていました!

しかし、いざ現地で英語を話しても通じないし聞き取れなかったんです。あんなに勉強したのに、無駄だったのかと悲しくなりました。

なんども通じないことが続くと、話すことが怖くなって緊張してしまう悪循環にはまったこともあります。

心折れかけたことがたくさんあります!

国内留学を経験しておけば、ネイティブに伝わる日常英語を習得できたでしょう。

なぜなら、毎日の生活で英語に触れることができるからです。

英語に触れる時間が長ければ長いほど、英語力は間違いなく伸びます。

話すことも聞くこともできるようになります。

時間は無限ではありません。

時間の節約ができるならやったほうがいいです。

ワーホリ留学前に国内留学を経験して、本番で活かせるでしょう。

友達の作り方を復習できるから

社会人になってしばらくすると、どうやって友達を作っていたか忘れてしまいませんか。たとえば、

どうするの?
  • どんな話をスタートしたらいい?
  • 年の離れた人との会話ってどうするの?
  • そもそも人見知り

筆者の場合、もともとひとり行動が好きで狭く深い付き合い方をしていたので、新しい友達の作り方が分からなくて初めてのワーホリでは苦労しました。

しかも、英語力ゼロでどのように他国の人たちと交流を取ったらいいのか本当に分からず悩みました。

語学学校へ通っていた最初の1か月は友達ゼロ!(笑)

語学学校へ3ヵ月通っていたのですが、一人飯だし、休み時間も放課後も友達がいないからひとり行動でした。

かといって、日本人同士で絡んで英語が伸びないというパターンも避けたかったので、隣の席のサウジアラビア人に話しかけたりして、少しずつ慣れるようにしていきました。

また、後々お付き合いに発展することになる台湾人の男の子と仲良くなることができました。

ひとり友達ができると、あとは芋づる式で友達の友達ができるので「0から1を生み出すことの難しさ」を学びました。

台湾人ブラジル人と遊びに行くことが増えたよ!

もし、海外に出る前に国内留学をして英語でのコミュニケーションに慣れていたら、ロケットダッシュを決めれていたでしょう。

あなたが留学ワーホリ先で、日本人のグループの中にいたいなら国内留学をしなくても自然に友達ができます。

同じ国の出身というだけで居心地がいいんです。言葉が通じるって凄いことだと改めて実感しました。

友達を作ることって難しかったんだなって、初めてのワーホリで思いました。

いろいろな国の出身の人とコミュニケーションをとって友達になりたいのであれば、国内留学をして友達作りに慣れておくと現地ですぐ友達ができるでしょう。

スポンサーリンク

留学したいけどお金がない…シェアハウスで国内留学する5つの理由

留学もワーホリもお金がかかります。現地にいる時間も永遠ではありません。無駄には過ごしたくないですよね。

そこで、留学ワーホリ前に国内留学で現地の生活の予行練習をしてみませんか。なぜなら、

  1. ハードルが低い
  2. 短期で住んで合わなければ止められる
  3. 度胸がつく
  4. 海外に出る前の練習になる
  5. 渡航先を母国の人から聞いて決められる

ひとつずつ説明していきますね。

ハードルが低い

国内留学は、ワーホリ留学に比べるとハードルが低いです。お金の面でも生活面だけ最低でも工面すれば楽しく過ごすことができます。

留学してみたいけど、現地の生活に耐えられるか不安…。

そういう人は、まず国内留学を経験してステップアップしていくといいですよ。

  1. 国内の外国人シェアハウスで国内留学
  2. ワーホリ留学先でホームステイ
  3. 現地のシェアハウス

国内というだけで、安心感がちがいますよね。ワーホリ留学先では、ホームステイかシェアハウスの2択がほとんどです。

逆に言えば、共同生活ができないと留学先では苦労するでしょう。

そのために、ハードルが低い国内で共同生活の練習をしておくことができます。

また、ハウス内には外国人だけではなく日本人も住んでいるので何かトラブルに巻き込まれたときなど相談することができるでしょう。

相談相手がいると心強いですよね。

ハウス内の日本人のなかには、ワーホリ留学経験者やバックパッカーの人も多いので話を聞くこともできますよ。

合わなければ止めることができる

ワーホリ留学で海外に出てしまうと、合わないと思ってもなかなか止めることが難しいですよね。なぜなら、

  • 高いお金を払っているから
  • すぐ日本に帰ると恥ずかしいから
  • 同じビザの種類を再度取り直せないから

高いお金を払って、みんなに「行ってらっしゃい」してもらったのに、出戻るのはなんとか避けたいですよね。

最悪の場合一度、ビザを放棄してしまうと同じ国で新にビザを発行するのが難しくなります

しかもワーホリのビザは、一回しか発行してもらえません。

たとえば、オーストラリアにもう一度ワーホリに行きたくなってもいけません。

※カナダやイギリスなど違う国ならビザの申請ができます。

国内留学だと、自分に合わないと感じればすぐ止めることができます。共同生活できないと思えばすぐに引っ越せます。

もしかしたら、国内留学をすることで語学のスキルがアップして語学留学する必要がなくなるかもしれません。

どちらにしろ、国内留学を先にしておくと選択肢が広がるでしょう。

度胸がつく

国内留学をすることで、現地で負けない度胸が身に付きます。現地で外国人に囲まれて生活することは、思っている以上に体力を消耗します。

なぜなら、普段わたしたちは日本語で話しているので頭で考えなくても話し相手がなにを話してどんなジョークを言っているか理解できますよね。

言葉が通じない、しかも初めての環境だと相手に全集中しておかないと会話の迷子になってしまいます。

単語が理解できなかったのに、質問する度胸がなかったせいで会話についていけなくなったことが多々あります。

「わからないこと」をなんて相手に聞いていいかもわからないという負のサイクルが生まれてしまいます。そうならないために、

海外生活を無駄にしない!
国内留学をしておくと…
  • 海外の文化をなんとなくでも知っておける
  • 質問する恐怖心が消える
  • 自己発言する練習ができる

度胸が足りないかもしれないと感じる方は、外国人シェアハウスで国内留学を検討してみるのはいかがでしょうか。

海外に出る前の練習になる

国内留学で、様々な国の人達と交流を重ねることで渡航前の練習になります。

滞在する国にもよりますが、カナダやオーストラリアなどの国々は多国籍国家で様々な人種が共存し合って生活しています。

そのため、食文化、宗教、生活スタイルなど全員が一緒ではありません。ひとりひとりが理解しあった上で成り立っています。

「知らなかった」が相手に対して失礼なことになったり、傷つけてしまう可能性もありえるので渡航前に海外の文化や生活スタイルを知ることは重要なことです。

外国人シェアハウスで国内留学をすると、様々な国籍の人と話をすることができるでしょう。情報集めにはピッタリの場所だと言えます。

もちろんネットでもある程度情報を拾えることができますが、活きた情報を得ることでよりリアルにその国のことを感じることができるでしょう。

会話をすることで、同時にコミュニケーション能力も鍛えられます。

渡航先を母国の人から聞いて決められる

まだどの国に行こうか決まっていない人は、国内留学をした先で決められます

前述しましたが、様々な国籍の人と関わりが持つことができる外国人シェアハウスでの国内留学です。

そこで仲良くなった人の国や地域に関心を持つでしょう。

自分にあった生活スタイルの地域に行きたいのか、まったく真逆の場所で自分の身を置いて生活したいのか考えることで渡航先を決められます。

寒いの大嫌いなのに、雪国の生活を体験してみたくてカナダのワーホリに決めました。

筆者は行き先をカナダのニューヨークが近いという理由だけでトロントにしました。

しかし、今思うとほかの地域ももっと考慮の中に入れておけば良かったと後悔しています。

筆者のように後悔を避けるために、様々な国や地域の人と交流を持ち情報を入手してください。

そうすることで、あなたにより合った渡航先を見つけられるでしょう。

スポンサーリンク

留学したいけどお金がない人におすすめ!「オークハウス」

オークハウス

ここまで、外国人シェアハウスで国内留学をしたほうがいいという理由を長らく語らせてもらいました。

「じゃあ実際どこの外国人シェアハウスがいいんだよ」

筆者が個人的に住みたい、利用したい外国人シェアハウスはオークハウスです。その理由は、

グッドポイント!
オークハウスがいい理由
  • ハウス別で外国人の割合が分かる
  • 都内だけではなく全国各地にシェアハウスがある
  • 国際交流イベントがほかのシェアハウスに比べて多い

ひとつずつ紹介していきますね。

オークハウスの口コミ評判を見る≫

ハウス別で外国人の割合が分かる

オークハウスのサイトを見てみると、すべてのシェアハウスではないですが「男女比」「 外国人比 」「年代」の比率がグラフで表示されています。

オークハウス入居者比率
 

上記の画像で例えると、外国人の比率が高いシェアハウスに住みたい場合は真ん中の【谷津第一マンション】のようなハウスを選べるでしょう。

あなたが住みたい地域の中から検索が可能なので、職場や学校に近い便利な場所がすぐ見つかります。

全国各地にシェアハウスがある

オークハウスは、日本各地に物件を所有しています。いまも物件の数はどんどん増えているのであなたの住みたい都市でシェアハウスが見つかるはずです。

また、オークハウスの物件間なら引越しの初期費用が再度かかることはありません。

なので、地方に住んでるけど、近いうち東京へ引っ越したいというときにも費用を抑えることができるのがメリットです。

しかし、とにかく価格重視の人にはオークハウスの物件は少し高く感じるかもしれません。

都内で安さ重視をしているシェアハウスが気になる…

とにかく都内がいい、安いほうがいいという人におすすめなのは、クロスハウスのシェアドアパートメントです。都内の好立地に家賃35,000円から格安で住むことができるからです。

外国人の比率が記載されていないので、物件について問い合わせてみることをおすすめします。

クロスハウスについて、さらに深く知りたい方は下記のシェアドアパートメントの口コミ評判をご覧ください。

国際交流イベントが多い

オークハウスはとにかくイベントが多く企画されます。

オークハウス イベント情報

自分が住んでいないシェアハウスでのイベントにも参加ができるので新しい出会いが次々と起こるでしょう。

外国人の参加者ももちろんいるので、積極的に話しかけて交流すると国内留学を意味があるものにできます。

英会話が上達する機会でもあるので、英語でコミュニケーションを取っていきましょう。

また、参加したイベント先のシェアハウスが気に入った、気の合う仲間がいた場合も部屋が空いていたら移ることができるのでより良い環境で生活できるようになります。

さらに詳しくオークハウスの口コミ評判を知りたい人のために、クラウドワークスで独自アンケートを取りました。

オークハウスに実際に住んでいる住んだことのある人のリアルな意見をまとめているので、ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

まとめ|留学したいけどお金がない人は、国内留学!

シェアハウスで国内留学を先に体験しておくことで、時間とお金の節約になります。

筆者は、最初のワーホリ先で慣れるまでに時間がかかったので渡航する前に文化や生活スタイル、英語でのコミュニケーションの方法など知っておけばよかったと後悔しました。

慣れておくだけで精神的も余裕が生まれるので、時間に限りがある海外での生活を存分に楽しむことができるでしょう。

意味のある海外生活を送るために日本でできることから始めよう!

おすすめシェアハウス
おすすめ留学エージェント
  • 留学費用を抑えることができる≫

この記事があなたの役になれたら嬉しいです。最後まで読んでくれてありがとうございました。

うーなでした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました